ジアミンアレルギーとヘアカラー

高い濃度の化学物質が皮膚に付くと、肌は化学物質に反応して荒れてしまいます。

原因として、化学物質=酸化染料が皮膚の細胞膜に障害を与えてしまったり、

代謝と関係し、障害を与え皮膚を傷めてしまいます。

それによりジアミンアレルギーは発症します。

もともとその人が持つバケツの容量がいっぱいになり溢れてしまうと花粉症を発症する。

なんて話を聞いたことありませんか?

ジアミンアレルギーも【いつ】【どのタイミングで】発症するかわかりません。

また一度発症してしまうとアレルギーは治るものではなく、

腫れなどが一時的に治ったといって同じようにカラーを繰り返すと次第に症状は重くなり、

まれにアナフィラキシーといった重篤なアレルギー反応を起こす場合もあります。

最悪、呼吸困難や全身に蕁麻疹ができたり、かなり危険です。

毎回のヘアカラーで貯蓄されていきます

 

ジアミンアレルギーの症状

頭皮・髪の生え際・まぶた・額・耳の後ろ・首すじなど、ヘアカラーの薬液が直接接触したところや、洗髪時のすすぎ液が接触したところに、かゆみ・赤み・腫れ・ブツブツ(丘疹や小水疱)などの皮膚炎症状が出ます。

かぶれは、「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」に分類されます。

かぶれがアレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)の場合、典型的には、染毛6時間後~半日後くらいよりかゆみを感じ、その後にかゆみ・赤み・腫れ・ブツブツなどの皮膚炎症状が出始め、染毛の48時間後に最も症状がひどくなります。さらに症状がひどいと、顔全体が腫れたり、頭皮から滲出液(しんしゅつえき)が出たり、薬液等の接触していないところまで皮膚炎が拡大したりすることがあります。

ヘアカラーを使用してかゆみのみ感じた場合でも、染毛毎に感じたり、強く感じたりした場合はアレルギー反応の可能性があります。

染毛後に、かぶれ症状が認められた場合は、早いうちに、
必ず医師(皮膚科医が望ましい)の診療を受けてください。

かぶれを繰り返すと、症状は非常に重くなる

ヘアカラーにかぶれるにも係わらず、かぶれを繰り返すと症状が次第にひどくなり、目のまわりや、顔全体がひどく腫れてしまうことがあります。 また、ヘアカラーの薬液や洗髪時のすすぎ液が接触した部位を越えて、広範囲に皮膚炎が拡大することがあります。

更にかぶれを繰り返すと、ある日突然、より深刻な即時型アレルギーが起こることがあります。
即時型アレルギーは、染毛中から染毛直後という短い間に、強いかゆみを伴うじんま疹(蚊に刺された時のような腫れ)が、ヘアカラーの薬液や洗髪のすすぎ液が接触した部分だけでなく、接触部分を越えた広範囲に拡大し、時には全身に現れることがあります。まれに、呼吸困難や血圧低下による意識障害などの重いアレルギー症状が現れることがあり、大変に危険です。

かぶれの繰り返しで症状が非常に重くならないように、これまでに一度でもかぶれた方は、以後絶対にヘアカラーを使用しないでください。
            https://www.jhcia.org/advice/advice_rash/より引用

ジアミンアレルギーの予防法

~予防について簡単に説明~

 

  • 体調不良・寝不足時のヘアカラーを避ける

  • カラー後は頭皮への刺激を減らす

  • 敏感肌の人は美容師さんにまず相談

  • パッチテストをしっかり受ける

  • 天然ハーブ【ヘナ】【草木染め】【ノジア】でヘアカラー

安全性の高いヘナやノンジアミンカラーがおすすめ

頭皮の状態やアレルギーが心配な方には

断然ヘナやノンジアミンカラーがオススメです。

 

~ヘナとは~

 

ミソハギ科の植物で、インドのアーユルヴェーダ(伝承医学)では、

古来から薬草として親しまれたハーブです。

お湯で練ってペーストにしてから髪の毛に塗布し染髪していきます。

染髪しながらハリやコシ、根元の立ち上げ、

トリートメント効果までヘナによって得ることができます。

さらにヘナは”薬”としても使われていて、皮膚病予防や止血、頭皮の炎症を抑えたり毒素を排出したりとデトックス効果があります。

 

~ノジアとは~

アレルギーの方も安心して白髪染めができるノンジアミンタイプのトリートメントカラー。

従来の酸化染料(ジアミンタイプ)は一切使わず、マニキュアに使用される染料を使用。

根元から染めることのできるトリートメントタイプのカラーです。

 

ベストな体調コンディション、爪で頭を引っ掻いたり、

熱湯でのシャワーを避けることでジアミンアレルギーは予防できます。

ジアミンアレルギーを発症する前に。

ノンジアミンカラーの次世代カラーを始めませんか?